【予防は大事】腰椎圧迫骨折の治療方法と治療期間はどのくらい? | わたしの健康ノート

【予防は大事】腰椎圧迫骨折の治療方法と治療期間はどのくらい?

腰椎圧迫骨折の治療方法と治療期間を調べてみた。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

腰椎圧迫骨折の治療方法と治療期間



腰椎圧迫骨折の原因は「骨粗しょう症」が原因です。

骨粗しょう症になってから治療しても、元に戻ることはほとんどありません。。

ですので、症状が進まないようにするのが、治療の最大目的です。

腰椎圧迫骨折の治療方法



圧迫骨折が起こり、腰痛があるようなら鎮痛剤や注射などで痛みをやわらげます。

痛みがやわらぐまで安静ですね。



痛みがやわらぎ、背骨が固まってきたらコルセットを着けます。

コルセットの着けながら体を動かして、寝たきりにならないようにリハビリします。

圧迫骨折がひどい箇所には、骨セメントを注入して補強することもあります。


腰椎圧迫骨折の治療期間



コルセットを長期間着けていると、筋力が低下してしまいます。

また筋肉も固くなってしまうので、歩けるようになったらコルセットを外します。




個人差はありますが、だいたい2ヶ月程度でコルセットを外すのが多いそうです。


 icon-arrow-circle-o-right 【仰向け・うつ伏せ・横向き】腰痛を防止する寝方はどれ?


骨粗しょう症の治療



 icon-check-square-o 骨粗しょう症の治療の最大の目的は、

高齢になってからの骨折で、寝たきりにならないことです。



骨粗しょう症の検査は、レントゲン写真・骨量測定・血液検査などで行います。

骨量測定は、両手・腰・かかとなどで計測しますが、医療機関によって異なります。


骨がスカスカ


それで、骨粗しょう症と診断されたなら、

進行を防ぐために、補助的にカルシウム剤やビタミンD剤が処方されます。



最近では「ビスフォスフォネート製剤」が処方されています。

この薬剤は閉経後の骨粗しょう症に効果的といわれています。


 icon-arrow-circle-o-right 【椎間板が薄い】変形性腰椎症の痛みの原因と症状

スポンサーリンク


骨粗しょう症の予防



 icon-check-square-o 骨粗しょう症にならにためにも、20代~30代に骨を丈夫にしおくのが大切。

 icon-arrow-circle-o-down そのためにも、骨を丈夫にする習慣を身につけましょう。

  1. 栄養のバランスの良い食事を摂る
  2. 軽めの運動を習慣化する
  3. 適度に日光にあたること


偏食をなくし、カルシウムとビタミンDが不足しない食事をしましょう。

生活に週2~3回のジョギングを取り入れれば、日光にもあたるので一石二鳥です!



紫外線も害があるので、朝夕など日光の弱い時間帯がよいですね。

先ずは、軽いウォーキングから始めてみるのがオススメです。


まとめ:40歳になったら検査を!



40歳を境に、どんどん骨の密度が低下していきます。

40歳になったら、骨密度を測って骨の健康状態を知っておきましょう。

もし基準値よりも低いときでも、早めに対処しけいけばOKですよ(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【骨粗しょう症】背中が丸い…高齢者の腰痛の原因は腰椎圧迫骨折?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【予防は大事】腰椎圧迫骨折の治療方法と治療期間はどのくらい? | わたしの健康ノート