【二度寝はダメ】スッキリと朝起きれないときの対策法 | わたしの健康ノート

【二度寝はダメ】スッキリと朝起きれないときの対策法

寝ているわりに朝起きれないときはどうすればよいの?


気がついたら二度寝していることもあり、会社に遅刻しそうになります。。

今回は、朝起きれないときの対策について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

朝起きれないときの対策



ちゃんと睡眠時間をとっているのに、寝足りないとか、

疲労感が抜けなくて、サクッと朝起きることができないケースです。


寝たりない。。


寝覚めが悪い理由



睡眠には「ノンレム睡眠」と「レム眠」の2種類があります。

これらの睡眠が1セット(90分前後)になり、一晩に4~5回くり返されています。

ですから、一般的な人の睡眠時間は、6~8時間ほどになるはずですね。


 icon-arrow-circle-o-down 2種類の睡眠の作用をザックリと説明すると…


  • ノンレム睡眠:脳を深く休息させる
  • レム睡眠:脳の目覚めさせ、筋肉を弛緩させて体を休息させる


ノンレム睡眠中は、脳が深く休息している状態ですから、

ノンレム睡眠の最中に無理やり起こされると、目覚めが悪くなります(^^ゞ



ノンレム睡眠の最中で起きるのではなく、1サイクルの終わり、

つまり「レム睡眠」ところで起きるのが理想的ということです。

寝起きのタイミングを調整してあげれば、目覚めもよくなります。


目覚めをよくするタイミング



具体的に「レム睡眠」のところで起きるにはどうすればよいのか…

それは、いつも起きる時間よりも20分早く目覚ましをセットすればよいのです。




それでも、目覚めがスッキリしないときは、さらに20分早く目覚ましをセットします。

これを何度か試しているうちに、スッキリと目が覚めるタイミングがあるはずです。

スポンサーリンク


目覚ましが鳴る前に目覚めたとき



また、目覚まし時計がなる前に自然に起きたときは、そも時刻を覚えておきます。

例えば、朝4時に目覚めたときには、それに90分足して目覚ましをセットします。

そうすると、朝5時半にはスッキリと目覚めることができる計算になりますね。


睡眠の1サイクルには個人差がありますので、いろいろと試してみるとよいですね。

人によっては1サイクルが90分ではなく、70分ということもあるかも知れません。


まとめ



朝起きたときに、寝足りなかったり、疲労感が抜けないときは、

目覚まし時計が鳴って、起こされるタイミングに問題があるかも知れません。

そのようなときは、自分がベストに目覚めるタイミングに調整してみましょう(^^)

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 眠れない・起きれない » 【二度寝はダメ】スッキリと朝起きれないときの対策法 | わたしの健康ノート