【後輩がミスばかり】大人の発達障害…仕事の教え方3つの工夫 | わたしの健康ノート

【後輩がミスばかり】大人の発達障害…仕事の教え方3つの工夫

いつも後輩が仕事でミスばかりするのですが…


もしかしたら発達障害かも知れません。。どうどう教えたらよいの?

今回は、発達障害の人への指導について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

発達障害の人への仕事の教え方



職場で発達障害(ASD)の人と一緒に仕事をする場合、周りのサポートが大切です。
ASD…自閉スペクトラム症

発達障害だと本人が理解しているなら、サポートしやすいのですが、

本人に自覚がないときは、サポートが難しいことがあります。




 icon-check-square-o 職場で、発達障害が疑われる部下がいるときには、

先ずは専門医の受診を勧めた方がよいです。



 icon-arrow-circle-o-down ASDの人への教え方3つの工夫

  1. 指示がウマく伝わらないとき
  2. 自分勝手な解釈で仕事をするとき
  3. 叱ったり責めたりしない


指示がウマく伝わらないとき



 icon-check-square-o 発達障害は「すぐに・急いで・早く」などの曖昧な表現は理解できません。

ですから、指示は明確で具体的なものである必要があります。



「この作業を急ぎでお願い」という指示はNGです。

「今の作業をストップして、この50個を15時までに仕上げること」など、

明確で具体的な指示をしなければなりません。時間の指示はとくに大切です。


自分勝手な解釈で仕事をするとき



 icon-check-square-o 発達障害の人は、上司の指示と自分の考えにズレがあるケースが多いようです。

また、指示された仕事のやり方がわかっていなくて動けないケースもあります。



毎回指示の確認を取り、わらないことがあれば相談に来るように指示をします。

本人が相談に来たら明確に教え、相談に来なければこちらから確認を取るようにします。

 icon-warning  それくらいできるだろうと、過信してはいけません。

スポンサーリンク


叱ったり責めたりしない



 icon-check-square-o 注意するときは、冷静に問題点を指摘して相手を納得させること。

ミスをしたら、この次にはどうすればよいのか具体的に指示をします。


気持ちはわかるけど、怒るのはNGです


叱ったり責めたりしても混乱を招くだけで、なにもメリットがありません。


他意はないことを覚えておこう



発達障害の人に注意をすると、反発してくるように感じますが、

それは思っていることをそのまま口に出す傾向があるからです。

けんか腰になっているワケではないので、キチンと諭してあげる必要があります。






 icon-arrow-circle-o-right 【大人の発達障害の特徴】仕事でよくある7つのトラブル【ASD】

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » おとなの発達障害 » 【後輩がミスばかり】大人の発達障害…仕事の教え方3つの工夫 | わたしの健康ノート