【神経障害】糖尿病で便秘や下痢になる原因と改善方法 | わたしの健康ノート

【神経障害】糖尿病で便秘や下痢になる原因と改善方法

糖尿病で便秘や下痢になる原因は何なの?


また、便秘を改善するのにオリゴ糖を使ってもいいのでしょうか?

今回は糖尿病で神経障害になる原因と、治療について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

糖尿病で神経障害になる原因



糖尿病は血液中の糖分が多いことで、体の機能にダメージを与える病気です。

自律神経の機能に害を与えるのも、その1つでで、

 

それを「糖尿病性神経障害」といいます

 

自律神経は消化管の運動を司っていますから、

糖尿病の人はガンコな便秘になりやすいようです。

 


 icon-check-square-o 糖尿病に伴う高血糖で、毛細血管が動脈硬化になり、

末梢神経や自律神経に障害を起すと考えられていますが、

くわしい原因は、まだわかっていないようです。


糖尿病性神経障害の症状



 icon-arrow-circle-o-down 便秘も自律神経障害の1つではありますが、症状はそれだけではありません。

  • 発汗異常
  • 立ちくらみ
  • ガンコな便秘や下痢
  • 尿意を感じない
  • インポテンツ
  • 痛覚の麻痺

 icon-warning 神経系の異常が起こるので、尿意や痛覚がマヒすることもあります。

痛覚がマヒすると、火傷や外傷に気がつかないこともあるそうなので注意が必要ですね。

 

糖尿病性神経障害の治療



糖尿病の治療では、食事療法と運動療法がメインになりますが、

 icon-check-square-o  なによりも血糖値を正常に戻していくことが大切です。

神経障害が現れるときには、ビタミンB群や抵うつ剤などの対処療法を行います。


糖尿病の便秘でオリゴ糖を使っていいの?

 

 icon-check-square-o ふつうであれば、オリゴ糖はウンチを柔らかくしてくれるので、

誰にでもオススメできる優れたアイテムです。

 
しかし…
 

 icon-exclamation-triangle 糖尿病では糖分摂取に人一倍気を使わなければならないので、

医師と相談するのが良いと思います。

 

ちなみに、マグネシウムを含んだミネラルウォーターも便秘も改善してくれます。

icon-arrow-circle-o-right 【妊娠中の便秘】酸化マグネシウムが効かないときの3つの解消法

 

食物繊維の落し穴

 

食物繊維は糖や脂質の吸収を妨げ、急な血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。

 icon-check-square-o 便秘を改善する効果があのですが、摂り方には注意が必要です。

 

 icon-warning 食物繊維の取りすぎで、便秘が悪化することもあるのです。。

icon-arrow-circle-o-right 【水溶性と不溶性】便秘解消のつもりが食物繊維で悪化する?!


まとめ



オリゴ糖は砂糖よりもカロリーが少なく、糖の糖の吸収も穏やかにしてくれます。

しかし、商品によってはほかの種類の糖も含まれているので注意が必要です。

icon-arrow-circle-o-right 【遺伝はどっち?】糖尿病1型と2型の違いと割合について

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 便秘がつらい » 【神経障害】糖尿病で便秘や下痢になる原因と改善方法 | わたしの健康ノート