【どうしよう】中性脂肪とコレステロールが高い原因は病気? | わたしの健康ノート

【どうしよう】中性脂肪とコレステロールが高い原因は病気?

中性脂肪とコレステロールの両方が高いとヤバいですよね?


これって、肝臓などの病気が原因ですか?

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

中性脂肪とコレステロールが高い



以前は、中性脂肪やコレステロールが高いと、まとめて高脂血症と呼んでいました。

いまは「脂質異常症」呼ばれ、動脈硬化などの病気を悪化させます。


痩せていてもコレステロールが高い人は多い


いまや50歳以上の2~3人に1人は、この脂質異常(高コレステロール血症)といわれています。

中性脂肪と中性脂肪のどちらが高くても、動脈硬化を悪化させます。

脂質異常といってもタイプが3つに分かれます。


脂質異常3つのタイプ



ザックリとですが、高脂血症には次のタイプに分類されます。


  1. 中性脂肪だけが高いタイプ
  2. コレステロールだけが高いタイプ
  3. 両方が高いタイプ


中性脂肪もコレステロールも脂質には変わりがありませんが、その治療法は異なります。

中性脂肪だけが高いのか、コレステロールだけが高いのか、

それとも両方が高いのかをしっかりと理解して治療を行う必要があります(^^)


 icon-arrow-circle-o-right 中性脂肪の減らし方|食事と運動5つのポイント


両方高いときの治療は?



中性脂肪が高いときは、中性脂肪の数値を下げる治療をします。

当然、コレステロールが高いときは、コレステロールを下げる治療をします。


両方高いときはどうするの?


中性脂肪とコレステロールの両方が高いときは、先に中性脂肪を下げる治療をします。

中性脂肪を下げることができれば、コレステロールも下がっていきます。



中性脂肪が下がったにもかかわらず、コレステロールが高いままのときは、

さらにコレステロールを下げる治療を開始します。

スポンサーリンク


実際には、コレステロールが高い原因は遺伝や体質によるところが多いので、

中性脂肪が下がったとしても、コレステロールまで下げるのは難しいです。

くれぐれも、中性脂肪とコレステロールの治療を混同しないように注意しましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 【無意味】コレステロールが高い!食事制限の効果がでない理由


まとめ



中性脂肪とコレステロールの両方が高いときは、先に中性脂肪を下げる治療をする。

ふつうであれば、中性脂肪が下がれば、コレステロールも下がっていきます。

それでもコレステロールが高いままのときは、遺伝や体質の影響が強くでています。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 高脂血症・脂質異常 » 【どうしよう】中性脂肪とコレステロールが高い原因は病気? | わたしの健康ノート