【落し穴】中性脂肪を減らす運動の効果的な時間帯を調べてみた | わたしの健康ノート

【落し穴】中性脂肪を減らす運動の効果的な時間帯を調べてみた

中性脂肪を減らすのにはジョギングがよいとは聞きますが…


中性脂肪が高い人が早朝に走っても大丈夫なの?

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

中性脂肪の人の運動



中性脂肪とは、ズバリ体を太りやすくする脂肪のことで、

そのおもな原因は食べ過ぎと運動不足によるものです。



中性脂肪を減らすには、ジョギングなどの有酸素運動が効果的なのですが、

中性脂肪が高い人の場合には、早朝にジョギングをするのは危険です。


早朝ジョギングの落し穴



その理由は、早朝に心臓発作や脳卒中が多いということです。

高脂血症(高中性脂肪血症)の人は、もともと脳梗塞や心筋梗塞のリスクがあるので、

早朝のジョギングをすると、さらにリスクが高くなるのです(^^ゞ


 icon-arrow-circle-o-right 【警告】中性脂肪が高い人の喫煙で動脈硬化リスクが上がるの?!


運動に適した時間帯



高脂血症の人の運動は、昼食や夕食後2時間以上経ってからがベターです。

食前の運動では空腹感が増すので、余計に食べてしまう恐れがあるのです。

運動をしてもカロリーオーバーになってしまったら水の泡ですね(^^ゞ


医学的な観点では、運動は食前よりも食後の方がよいとされています。

その理由は、摂取した食物を効率よく代謝できるからです。

ちなみに、食事直後の運動は消化に悪いので避けましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 【要注意】中性脂肪の数値が高いとなりやすい3つの病気

スポンサーリンク


ジョギングの強度



ジョギングは毎日する必要はなく、週2~3回くらいで効果が現われます。

走る時間は20~30分でOKですが、30分以上走るときは小休止を入れましょう。

ジョギングではハードルが高い人は、ウォーキングからはじめましょう。



有酸素運動を続けていると、脂肪を燃焼しやすい体質になります。

見た目にも効果が現われてくるのは、だいたい3ヶ月過ぎてからです。

「継続は力」ですので、まずは3ヶ月は諦めずにトライしてみましょう。


まずはカタチから…


20分程度のウォーキングでも中性脂肪の数値が改善されるといわれています。

ウォーキングに慣れたらジョギングにもチャレンジしてみましょう。

サプリなどでビタミンB群を摂っておけば、より脂肪燃焼効果が期待できますよ。


まとめ



高脂血症の人の早朝ジョギングは思いのほかリスクが高い。

ジョギングをするなら昼食や夕食後2時間以上経ってから。

とくに高脂血症の人は、運動前後の水分補給は忘れずに!

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 高脂血症・脂質異常 » 【落し穴】中性脂肪を減らす運動の効果的な時間帯を調べてみた | わたしの健康ノート