【不正出血と腹痛】発熱と下腹部痛が伴う3つの病気 | わたしの健康ノート

【不正出血と腹痛】発熱と下腹部痛が伴う3つの病気

不正出血・発熱・下腹部痛になる女性の病気を調べてみた。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「不正出血 発熱 下腹部痛」なる3つの病気



細菌などに感染すると炎症を起こして熱がでます。

女性の病気では、さらに不正出血や下腹部痛などがみられます。


熱っぽい


 icon-check-square-o 原因になるのは、もともと膣内に住んでいるブドウ球菌・大腸菌や、

外から持ち込まれた、クラミジア・淋菌などです。

気がつかないうちに、炎症が重症化することもあるので注意が必要です。。


子宮頸管炎



「子宮頚管炎」しきゅうけいかんえんは、子宮の入口が細菌感染などにより炎症が起きる病気です。

 icon-check-square-o この病気になると、黄色っぽい膿状のおりものが増えます。



また、不正出血・下腹部痛・腰痛・軽い発熱があることもあります。

膣内洗浄を行い、抗生物質などで治療を行います。

 icon-arrow-circle-o-right 【不正出血】発熱・腰痛・下腹部痛になる原因はアレだった!


子宮内膜炎



 icon-check-square-o 「子宮内膜炎」しきゅうないまくえんは、子宮の内側に細菌などが感染して炎症が起きる病気です。

この病気では、発熱・下腹部痛・不正出血・血や膿の混じったおりものがみられます



炎症が子宮内膜に留まらず、内膜の下にある筋層にまで及ぶと「子宮筋層炎」になります。

抗生物質で治療しますが、重症の場合は摘出することもあるそうです。。


卵管炎



 icon-check-square-o 「卵管炎」らんかんえんは、細菌などの感染で卵管に炎症が起きたものです。

不衛生でも細菌感染しますが、性行為などの際に感染すると考えられています。


クラミジア感染が増えています


症状は激しく、発熱・悪寒・下腹部痛・吐き気・多量の膿状のおりもの・不正出血など

症状が激しいので、即入院して安静にする必要があります。。



抗生物質などで治療しますが、効果がないときは手術で摘出します。

卵管炎が治っても、卵管内部がくっついたままで通りが悪くなることがあります。

 icon-warning そうなると、子宮外妊娠の原因になることもありますので要注意な病気ですね。


 icon-arrow-circle-o-right 【オリモノの異常】かゆい!ネバネバの白い塊になる3つの病気

スポンサーリンク


性感染症について



卵管炎のほとんどは、クラミジアや淋病などの性感染と考えられています。

先ずそれらの菌が、子宮口に感染して子宮頚管炎を起こします。

感染が子宮内部に及んで、卵管まで到達することで卵管炎になります。



 icon-check-square-o 実は、クラミジアや淋病に感染しても、それほど目立つ症状が現れないそうです。。

炎症がひどくなってから、性交時痛や下腹部の痛み・発熱などがみられるようになります。。


まとめ



性感染症のばあいは、卵管炎まで症状が進む場合があるので要注意

性感染症は、子宮頚管炎の段階でシャットアウトしたいところ。

やっぱり、膿状のおりものの異常がみられたときには注意しましょう。。


 icon-arrow-circle-o-right 【下痢と腹痛】生理後の茶色い不正出血3つの原因

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【不正出血と腹痛】発熱と下腹部痛が伴う3つの病気 | わたしの健康ノート