【粘液と血便】腹痛と下痢が辛い潰瘍性大腸炎の症状と食事 | わたしの健康ノート

【粘液と血便】腹痛と下痢が辛い潰瘍性大腸炎の症状と食事

下痢でお腹が痛いです。。どんなものを食べればよいの?


1日に何度も下痢になり、トイレに駆け込むと血便です。。

今回は「潰瘍性大腸炎」かいようせいだいちょうえんの症状と食事を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

潰瘍性大腸炎の原因と症状



 icon-check-square-o 「潰瘍性大腸炎」かいようせいだいちょうえんは大腸や直腸の粘膜がただれて、潰瘍などができる難病です。

欧米人に多く見られる病気ですが、最近になって日本でも見られるようになって来ました。

 

潰瘍性大腸炎の原因



 icon-check-square-o 20代の若者に発症が多いのですが、原因はわかっていません。

一説には、免疫システムと関係があると言われているようです。

ストレスが原因で、症状が悪化することが分かっています。


潰瘍性大腸炎のおもな症状



潰瘍性大腸炎は、大腸や直腸の炎症で潰瘍になる病気ですが、

 icon-check-square-o 炎症の広がり具合によっても、症状に差が出てくるそうです。

症状が直腸だけのものもあれば、大腸全体に及ぶものもあります。


炎症した大腸壁のイメージ


icon-arrow-circle-o-down おもな症状として、

  • 下痢
  • 腹痛
  • 膿と血が混じる粘血便
  • 重症化すると、発熱・貧血

まず、粘液や血便が混じった便や、下痢症状が現れます。

1日に何回も下痢になり、腹痛や「しぶり腹」を伴います。

 
トイレに行っても出ない。。


「しぶり腹」とは、便意があるのだけれども、何も出ない状態のことです。

症状が重症化すると、発熱や貧血などが起きることもあります。

 

慢性になると、症状がハッキリしているものもあれば、

治ったと勘違いするほど、病状が潜伏する場合があるそうです。

 

潰瘍性大腸炎治療では必要に応じて薬物治療を行いますが、

効果がない場合は、その部分の大腸を手術で切り取ってしまいます。


粘血便こそ出ませんが、クローン病と症状が似ています。

icon-arrow-circle-o-right 【下痢・体重減少】吐き気と腹痛が伴うクローン病の症状と食事

スポンサーリンク


食事のポイント



潰瘍性大腸炎の食事は、症状が落ち着いているときと、

症状が現れているときの2つのパターンがあります。


症状が落ち着いているとき



 icon-check-square-o 症状が落ち着いて入れば、普通の食事ができますが、

豆類などの繊維質の多い野菜や、牛乳・チーズなどの脂モノはNGです。

 

また、コーヒー・紅茶・酒類・刺激物は避けるようにします。

とにかく、腸を刺激しないことがポイントです。

 

症状が現れているとき



 icon-check-square-o 症状が現れているときには、体内の栄養素が大腸へ漏出してしまいます。

ですので、体力を消耗しないようし、消化がよく栄養価が高い食事にします。

 

基本的には、高タンパク・高カロリー・高ビタミンの食事です。

卵のオジヤやお粥、肉や野菜などを柔らかく煮込んだものが良いそうです。

とにかく、消化が良くて栄養が高い食事がものがポイントです。


まとめ



潰瘍性大腸炎は20代の若者に多い、原因不明の難病です。

腹痛をともなう粘血便や下痢が起こるのが特徴です。

症状が落ち着いていれば普通の食事でもOKですが、消化がよく低刺激がポイントです。


 icon-arrow-circle-o-right 【ストレス性の腹痛】下痢が続く過敏性腸症候群は完治するの?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 下痢がつらい » 【粘液と血便】腹痛と下痢が辛い潰瘍性大腸炎の症状と食事 | わたしの健康ノート