【梅干しの効能】梅干しは吐き気止めや下痢止めになるの? | わたしの健康ノート

【梅干しの効能】梅干しは吐き気止めや下痢止めになるの?

梅干しで吐き気・下痢・腹痛に効果があるのか調べてみた。

今回のテーマは「梅干し」についてです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

梅の効能について



icon-book 青梅の実の種をとって乾燥したものを「烏梅うばい」といい、

生薬として江戸時代に日本に伝わりました。

これが「烏梅」です


江戸時代には民間薬として使われていたようです。

 

icon-arrow-circle-o-down 先ずは生薬としての「梅」の効能です。

  • 熱止め
  • 下痢止め
  • 咳止め
  • 食中毒の防止
  • 回虫駆除
  • 止血
  • 胃健…など

烏梅には、万能とも思えるほど優れた効能があるようですね icon-thumbs-o-up 

青梅に下痢止め・止血などの効果があるのは、「収れん作用」があるからです。

また、江戸時代当時の流行病(インフルエンザ)はやりやまいにも効果があったようです。

※ 収れん作用とは、粘膜の組織や血管など収縮させて体液の分泌を抑える働きのことです


icon-arrow-circle-o-down 次は「梅干し」の効能ですね。

  • 疲労回復
  • 食中毒の防止
  • 食欲増進
  • 鎮痛作用…など

なんだか、効能の数が減りましたよね。。

万能薬に思えた梅も「梅干し」にすると、効果が落ちてしまうようです。

梅干しにすると、下痢止めや風邪防止などの効果がなくなってしまいます。

 

梅干しを作るときに梅から自然に出てくる液体を「梅酢」といいますが、

 icon-check-square-o どうやら「梅酢」に下痢止めや風邪抑制の効果があるように思います。

 
好きです!梅干し


ですので、感染性腸炎での嘔吐下痢には、梅干しは効果はありません。

市販の梅干しでは、なおさら効果が期待できないようですね(^^ゞ

ですが、熱中症対策としては、梅干しの成分は最高だと思います icon-thumbs-o-up


梅とインフルエンザ



最近では梅酢に含まれている「梅酢ポリフェノール」に、

インフルエンザ(A型)の増殖を抑える効果があるとことが発見されています。

 

というか、江戸時代に流行病の薬として用いられていましたよね(^^ゞ

「梅干し」よりも、どちらかといえば「梅酢」の方が効能が高いと言えそうですね。

スポンサーリンク


簡単な「梅酢」の作り方



わたしも夏バテ防止に「梅酢」をつくっています(^^)

作り方は超簡単ですので、来年チャレンジしてみて下さいね(^_-)-☆

  1. 青梅1kg
  2. 砂糖1kg
  3. 容器2リットル

青梅を30分程度水に浸したあと、竹串でヘタを摂ります。

あとは、青梅と砂糖を容器に入れて、2ヶ月ほど漬け込んだらできあがりです(^_-)-☆

 
ほどよい酸味が美味い!


うちでは「三温糖」を使っているので茶色なんですが、白砂糖でもOKですよ!


 icon-arrow-circle-o-right 【潜伏期間はどれくらい?】食中毒の種類と症状の一覧

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 下痢がつらい » 【梅干しの効能】梅干しは吐き気止めや下痢止めになるの? | わたしの健康ノート