【急性腰痛】ぎっくり腰は腰の捻挫?その原因と治療期間 | わたしの健康ノート

【急性腰痛】ぎっくり腰は腰の捻挫?その原因と治療期間

ぎっくり腰は腰の捻挫というけれど、その原因は何なの?


ぎっくり腰になったときは、どのくらい安静にしていれば良いの?

今回、は「ぎっくり腰」の原因と治療期間を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ぎっくり腰の原因



不意に腰がグキっとなり、痛くてその場に固まってしまいます。。

欧米ではぎっくり腰のことを「魔女の一撃」と呼んでいます(^^ゞ




ぎっくり腰は、ほんのちょっとしたことで起こりますが、

 icon-arrow-circle-o-down だいたい、こんなときに起こります。

  • 重いもの持ち上げたとき
  • 洗面台で顔を洗うとき
  • 急に起き上がったとき
  • 中腰で作業をしていたとき
  • 掃除をしているとき
  • ものを拾おうとしたとき
  • くしゃみや咳をしたとき…など

重いものを持ち上げるときに「ぎっくり腰」なるのは理解できますが、

軽いほうきで床を掃いているときにも「ぎっくり腰」になります。


神の怒りに触れた。。


実は、20°頭を傾けてお辞儀をしただけでも、腰には直立時の1.5の負荷がかかっているそうです。

ですので、掃除中の中腰の姿勢に加えて、ひねる動作すると魔女に一撃を喰らいます。

ぎっくり腰は「腰の捻挫」といわれてはいますが、実のところメカニズムはわかっていません。



準備ができていない腰の周辺の筋肉に、急激な収縮が起こってなるといわれています。

腰の周りの筋肉が固かったり、腹筋や背筋の筋力低下も原因になっているそうです。

そのこともあって、若い人よりは中高年に起こりやすいようですよ。


 icon-arrow-circle-o-right 【腰痛の原因】腰が痛いのは腎臓結石?それとも腎臓癌の症状?


ぎっくり腰の治療



 icon-check-square-o ぎっくり腰が起こると2日~3日は強く痛みますが、1週間程度で痛みが治まってしまうのが特徴です。

ぎっくり腰が起こった直後は横になって安静を保つことが大切です。

治療といっても、横になって痛みがやわらぐのを待つほかありません。



横になるときの姿勢は、体を伸ばして寝るのはNGです。

 icon-check-square-o エビのように体を少し丸めて横向きになって寝るか、

ヒザの裏に枕をいれて、軽くヒザを立てた状態で仰向けで寝るのが良いそうです。



痛みがやわらいできたら、腰に負担をかけないように肘立ちで起き上がると良いです。

1週間経っても痛みが続くときや、痛みが増してきたら整形外科を受診しましょう。

 icon-arrow-circle-o-right 【迷う】腰痛のときは安静?それとも運動してもよい?

スポンサーリンク


ギックリ腰体験記



以前に嫁が掃除中にぎっくり腰になって、慌てて救急車を呼んだことがありました。

病院ではレントゲン写真を撮って、しばらく横になっていただけで痛みが治まりました。

治療という治療はせず、痛みが治まるのを待っていたという感じでした(^^ゞ



ですので、ぎっくり腰になっても、慌てずに横になりながら様子をみた方がよいですね。

わたし的には、

「ぎっくり腰」は、腰周辺の筋肉がプチ肉離れを起こしたものと思っています。


 icon-arrow-circle-o-right 【腰痛・ぎっくり腰】救急車?激痛で歩けないときの対処法

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【急性腰痛】ぎっくり腰は腰の捻挫?その原因と治療期間 | わたしの健康ノート