【黄色い鼻水】さらさらとベタベタで粘りのある鼻水との違いは? | わたしの健康ノート

【黄色い鼻水】さらさらとベタベタで粘りのある鼻水との違いは?

黄色いベタベタの鼻水が止まらない!


いつもはサラサラの鼻水なのに、今回のは粘りがあるのは何でなの?

今回は、鼻水のサラサラとベタベタとの違いを調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

サラサラの鼻水とベタベタと鼻水の違い



鼻水といっても、サラサラなタイプとベタベタなタイプがあります。

サラサラな鼻水というのは、水のようなサラリとしたタイプです。


鼻水が止まらない


一方ベタベタな鼻水は、粘り気のあるゲル状のものです。

ベタベタの鼻水は、鼻の頭がカピカピになったりします。


 icon-arrow-circle-o-down では、サラサラとベタベタのタイプの鼻水について、それぞれ説明しますね。


サラサラの鼻水の原因



鼻水は涙腺・鼻腔・副鼻腔などからの分泌物が合わさったものです。

鼻水が出るのは、細菌やウイルス感染などで鼻の粘膜が刺激されるからです。



 icon-check-square-o サラサラの鼻水は、アレルギー性鼻炎や風邪ウイルスによるものが多いそうです。

鼻水の色は、だいたいが透明~黄色のものが多いです。



花粉症などになると、透明からはじまり黄色の鼻水になってきます。

最初はサラサラした鼻水も、症状が長引けばしだいに膿状のものになってきます。


ベタベタの鼻水の原因



前項でも少し触れましたが、

 icon-check-square-o 鼻水がしだいに膿状になったものがベタベタの鼻水です。

ベタベタやドロドロなどの鼻水は、粘膜の炎症などによる膿状の鼻水です。

黄色い鼻汁もありますが、濃いものは緑っぽくなることもあります。



 icon-warning  それで膿状の鼻水で注意したいのは、

蓄膿症ちくのうしょうといわれる、副鼻空ふくびくうに膿状の鼻汁が溜まっているものです。

スポンサーリンク


膿状の鼻汁は要注意



副鼻腔とは、鼻腔をとりまく4つの部分からなる空洞です。

それで、急性鼻炎などが副鼻腔に広がると副鼻腔炎になります。

急性鼻炎を繰り返しているうちに慢性化したもの「慢性副鼻腔炎」と呼びます。


出典 http://www.linkclub.or.jp/


慢性副鼻腔炎は、一般的には蓄膿症と呼ばれています。

蓄膿症を放っておくと、頭痛・集中力の低下・記憶力の低下などを引き起こします。



子どもの蓄膿症は、親が気付かないこともありますので要注意です。

慢性の鼻炎があり、学校の成績が下がってきたときには、

耳鼻科で診てもらうのがよいと思います。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 【黄色い鼻水】さらさらとベタベタで粘りのある鼻水との違いは? | わたしの健康ノート