発達障害の人はうつになりやすの?どんな治療をするの? | わたしの健康ノート

発達障害の人はうつになりやすの?どんな治療をするの?

発達障害のうつ状態と治療についてた


ただでさえ発達障害でストレスなのに、うつのなったらどうなるの?

今回は発達障害のうつと治療について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

発達障害の人のうつ状態



発達障害の人は、仕事での悩がストレスになりうつ状態になりことがあります。

無理やり自分を仕事に合わせなければならない状況が長い期間続くことで、

発達障害の人は大きなストレスを受け続け、ついにはうつ状態になってしまいます。




発達障害の人が無理に自分を環境に合わせようとすると、

「過剰適応」のような状態になり、うつ状態になることがよく知られているます。


発達障害の人は自分の精神状態を把握するのが苦手ですので、

精神的な疲労が積み重なっているのに無理をして、うつ状態に陥るようです。

先ずは、自分がうつ状態であることを自覚して、適切なサポートや治療が必要です。


 icon-arrow-circle-o-right 【大人の発達障害】仕事が続かないときの就活3つのポイント


発達障害の人のうつの兆候



 icon-arrow-circle-o-down このような兆候があったらうつ状態の可能性があります。


  • 朝起きて憂うつな気分になる
  • やる気が出ない
  • 趣味にも関心がなくなる
  • なんだかよく眠れない
  • ダルクて気分がスッキリしない
  • 食欲がない
  • 消えてしまいたいと思う…など


これらは発達障害だからというものではなく、うつ状態にみられる一般的な兆です。

うつ状態では、感情・思考・意欲といった人間としての根本的な精神活動が低下します。



また睡眠障害・食欲不振・不安感といった症状も現れます。

このような兆候は要注意サインですので、適切なサポートや治療が必要です。


 icon-arrow-circle-o-right 東京・横浜・埼玉・千葉|大人の発達障害が受診できる病院はどこ?

スポンサーリンク


発達障害の人のうつの治療と期間



発達障害の人がうつと診断されたときは、医師の指示に従って休養をとります。

うつ状態になってしまったら、できるだけ早く休養に入るのが大切です。




基本的に処方される薬は「抗うつ剤」で、症状によって適切な薬が処方されます。

症状によっては、睡眠薬・精神安定剤なども処方されます。



治療にかかる時間は、最低でも3ヶ月以上であることを知っておきましょう。

一進一退を繰り返しながら回復していきますので、焦らずに治療していきましょう。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » おとなの発達障害 » 発達障害の人はうつになりやすの?どんな治療をするの? | わたしの健康ノート