【単純明快!】イライラするときの3つの解消法 | わたしの健康ノート

【単純明快!】イライラするときの3つの解消法

仕事なんかでイライラするときってありませんか?


最近イライラが爆発しそうで恐いんですが、よい解消法はあるの?

そんなときに、簡単で効果のある解消法を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

イライラするときの3つの解消法



ちょっとしたことでイライラするときってあると思います。

仕事や子育ての悩みとか、彼氏とウマくいってないとか…

イライラが続くと悪循環にハマり、いつかは爆発してしまいます。


いつもケンカ別れ


関係のない人に八つ当たりして、迷惑をかけてる場合もあり得ます。

 icon-arrow-circle-o-down そこで、これなら自分にもできそう!というものを3つあげてみました。


自分の気持ち声に出す



いま自分がイライラしているとか、嫌な気分になっていると感じたら、

その嫌な気分になっている理由を声に出して言ってみましょう。



例えば「自分は悪くないのに○○課長に注意されたので腹が立つ」とか、

「この頃、仕事が忙しくて寝不足気味でイライラする」などです。



自分が口に出していうことで、自分の感情に客観的に向き合うことができます。

客観的になることで、負のループから一歩抜け出すことができます。


冷たい水で顔を洗う



「顔を洗って出直す」という言葉があるとおり、

冷たい水で顔を洗うことより気持ちがリセットされます。


嫌な思いを洗い流す


何もしないでモヤモヤしていると、負のループからなかなか抜け出せません。

冷水で顔を洗うと意識が顔の皮膚の刺激に向かうので、

あたかも心のスイッチが切り替わったかのように感じるのです。


自分を壁に止まったハエだと思う



心理学的に怒りをコントロールするには、

自分を「壁に止まったハエ」だと想像するのがよいといわれています。



そうすることで、一歩引いた立場から自分を見つめることができます。

これも、自分を客観的にとらえて負のループから抜け出す方法の1つです。

スポンサーリンク


まとめ



自分のイライラや怒りを静めるのに大切なのは、客観的に自分を見つめること。

イライラや怒りをまともに受けるのではなく、意識をほかのことに向けるのも大切です。

イライラが爆発する前に、ぜひ試してみて下さいね(^_-)-☆


とくに理由もないのにイライラする人は、病気が原因かも知れませんので、

とりあえず内科を受診するのがオススメです。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 【単純明快!】イライラするときの3つの解消法 | わたしの健康ノート