子供が元気でも高熱のときは解熱剤を使うべき? | わたしの健康ノート

子供が元気でも高熱のときは解熱剤を使うべき?

子供が高熱のときは、解熱剤を使う方がよいのでしょうか?


熱が39度もあるのに元気にオモチャで遊んでいるのですが…使うべき?

今回は、解熱剤の使い方についてしらべてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

高熱のときは解熱剤を使うべき?



子どもはよく熱を出しますが、高熱でも平気で遊んでいることが多いです。

うちの子も熱が39度もあるのに、真っ赤な顔をしながらオモチャで遊んでいました(^^)



あまりにも熱が高いと、脳のダメージが心配になる方もいるとは思いますが、

 icon-check-square-o 高熱で子どもの頭がおかしくなることはないそうです(^^)

ちなみに、脳にダメージがあるのは髄膜炎脳炎が原因での発熱です。

それでも心配であれば、解熱剤ではなく、ヒエピタなど貼ってあげるのも1つですね。


高熱でもガッツリ遊ぶ


 icon-check-square-o 子どもは体温の調節機能が未熟なので、高い熱がでることが多いのですが、

体温を上げることで免疫力を高めて、自分の体を病原菌から守っているのです。


つまり解熱剤を使かって熱を下げるということは、

子どもの免疫力にブレーキをかけてしまうことになります。


熱が高くても、子どもが元気に遊んでいるようなら解熱剤は必要ありません。

 icon-arrow-circle-o-right ただの風邪じゃない!食欲不振・吐き気・下痢・発熱になる病気

スポンサーリンク


解熱剤を使うタイミングは?



解熱剤は一時的に高い熱を下げるものなので、薬の効果が切れると再び熱が出ます。

解熱剤で一時的に熱が下がったとしても、病気が治ったワケではありません。


解熱剤を使うときは、子どもがぐったりしているときです。

これは、38度ぐらいの高熱とはいえない発熱であっても、

子どもが元気なければ解熱剤をつかってもよいそうです。


なんだか元気がない


子どもがぐずる・機嫌が悪い…などのときに解熱剤を使うのはありだそうです。

体が弱く、発熱で体力が低下する子どももいますので、

座薬などの解熱剤で、少しでも熱を下げて楽にしてあげます。


まとめ:解熱剤の使い方



子どもの熱が高いのは、高熱で免疫力を高めて病原菌を撃退するから。

解熱剤の使用はケースバイケースで、発熱の温度で決めるべきではありません。


高熱でも子どもが元気ななら解熱剤を使う必要はありません。

しかし38度ぐらいの高熱とはいえない発熱でも、

子どもの元気ないときには解熱剤を使うのもありです。

 icon-arrow-circle-o-right 【子供がぐったり】風邪で高熱が出たときの食事3つのポイント

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 子供が元気でも高熱のときは解熱剤を使うべき? | わたしの健康ノート