赤ワインではコレステロールを下げることができないの?! | わたしの健康ノート

赤ワインではコレステロールを下げることができないの?!

赤ワインでコレステロールを下がらないって本当?


今回は、赤ワインとコレステロールの関係をしらべてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ワインでコレステロールが下がる?



最近ではワインブームとあって、ワインの効能に注目が集まっています。

口あたりもよく、女性にも飲みやすいので人気がありますよね。




ワインが注目されているのは、その中に含まれている「ポリフェノール」という物質。

では、この物質が悪玉コレステロール(LDL)を下げてくれるのでしょうか?


ワインのポリフェノールの効能



ポリフェノールはお茶やフルーツなどにも含まれてはいますが、赤ワインには豊富に含まれています。

赤ワインの特徴である赤い色と、渋みの成分がポリフェノールです。

ポリフェノールが優れているのは、強力な抗酸化作用があるからです。



悪玉コレステロール(LDL)が動脈硬化の原因とはいわれていますが、

LDLにもいくつか種類があり、本当に恐いのは「酸化LDL」といわれるものです。

「酸化LDL」とはLDLに酸素がくっついたものですが、血管壁に入り込み動脈硬化を引き起こします。



このLDLの酸化を防いでくれるのが、このポリフェノールというワケです。

赤ワインはコレステロールを下げるのではなく、酸化を防いでくれるのです。

ちなみに、変性していないLDLだけでは動脈硬化は起こりにくいといわれています。


コレステロールが高い肉類と赤ワインの組み合わせは、実に利に適っていますよね。

ちなみに、白ワインのポリフェノールの量は赤ワインの10%ほどしかありません。

コレステロールの少ない魚料理にマッチするので、これも理に適っています(^^)


 icon-arrow-circle-o-right 【飲むならどれ?】中性脂肪を下げるアルコールの種類とは

スポンサーリンク


赤ワインの飲む量



アルコールでLDLの酸化を防ぐ効果があるのはワインだけといわれています。

アルコールには脂質を酸化する作用があるので、逆に酸化LDLを増やしてしまいます




それでワインのポリフェノール効果が期待できるのは、毎日ボトル半分を飲むこと。

ワイン1本で750mlですから、300ml前後の量になりますね(^^)

むしろコレステロールを下げるなら、オリーブオイルが効果的です。


 icon-arrow-circle-o-right 【オリーブオイルの効能】コレステロールが高い人が飲む量は?


まとめ



赤ワインでコレステロールを下げる効果があるというよりは、

LDLの酸化を防いで動脈硬化になりにくくしてくれるもの。

ポリフェノールの効果を期待して飲む場合は、ワイングラスで2杯が適量です(^_-)-☆

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 高脂血症・脂質異常 » 赤ワインではコレステロールを下げることができないの?! | わたしの健康ノート