【頭痛・肩こり】目の奥がズキズキと痛み続ける原因 | わたしの健康ノート

【頭痛・肩こり】目の奥がズキズキと痛み続ける原因

目の奥がズキズキして、頭痛と肩こりがひどくなってきた


目の奥と後頭部が痛みます、これって病気ですか?

今回は目の奥の痛みと、頭痛・肩こりの原因を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

目の奥の痛みと頭痛・肩こりの原因



パソコンやスマホの普及にともない、これらの症状を訴える人が増えてきました。

目の痛みから、頭痛・肩こりなど全身症状に及びます。

これらの症状が現われるものを「眼精疲労」といい、いわば現代病の1つです。


 icon-arrow-circle-o-down 眼精疲労のおもな症状は、

  • 目の奥がズキズキ痛む
  • 目が乾く
  • 頭痛がする
  • 首や肩がこる
  • 吐き気がすることもある…など


現在人の多くはパソコン、とくにスマホに依存しています。

それにともない、目の疲労も増加するようになりました。

眼精疲労は、頭痛や肩こりといった全身症状に及ぶので要注意です。


目の奥がジンジンする


ふつうであれば、目を使うような仕事の後に目を休めれば症状は治まっていきます。

休養をとっても症状が緩和されないときは、この眼精疲労であることが多いです。


その他の原因



眼精疲労は、メガネやコンタクトレンズが合わない場合や、

老眼、遠視、乱視などの目の調整力にの低下でも起こります。


メガネをかけると目が痛い


これらのケースでは、本人が気がついていないことが多いようです。


目の痛みは、首や肩のこり、歯の痛みや噛み合わせが原因でも起こることも。

仕事のストレスや、自律神経の乱れから起こるケースもあります。


注意が必要なもの



注意しなければならないので、目の痛みの眼精疲労が原因ではない場合。

緑内障、視神経の炎症、脳腫瘍などで目の痛みが起こるケースもあります。


眼精疲労は単に目の疲れだけではなく、いろいろな原因で起こりますから、

早めに眼科を受診して、診断を受けた方がよいです。

スポンサーリンク


予防法について



眼精疲労には特効薬がありませんので、目の休息時間をつくる工夫が大切です。

長時間のパソコンを使用するときには、こまめに休憩をいれること。

電車通勤でのスマホ、歩きスマホ、寝前のスマホなどを減らすこと。



眼精疲労を緩和する目薬、とくにビタミンB12を含むものを使うのがオススメ。

目の周りを冷たいタオルで冷やすもの効果があります。

デスクワークの合間に目の窪みに沿ってマッサージするのも有効ですね。


目が乾くときには、蒸しタオルで目の周りをを温めたり、

室内に加湿器を置いて目を保湿するのも方法です。


まとめ



眼精疲労を予防するには上記のほかに、疲れにくい体をつくることも大切です。

基本的には、規則正しい生活・バランスのとれた食事などです。

さらに、ビタミンB群のサプリメントなども取り入れるのも1つの方法ですね。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 頭痛・めまい・肩こり » 【頭痛・肩こり】目の奥がズキズキと痛み続ける原因 | わたしの健康ノート