熱中症や日射病で倒れたときの手当て3つのポイント | わたしの健康ノート

熱中症や日射病で倒れたときの手当て3つのポイント

熱中症で倒れたと人を見かけたとき、どう手当てすればよいの?


それで、熱中症と日射病に違いはあるの?

今回は、熱中症&熱射病の手当てについて調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

熱中症と熱射病の違い



熱中症も熱射病の症状や手当てに、それほど違いはありません。

真夏の強い日差しなどに長時間浴びて起こるのが「日射病」で、

締め切った高温多湿の部屋などで、体温が上昇して起こるのが「熱中症」です。




 icon-arrow-circle-o-down 熱中症(日射病)の主な症状

  • 体温が高くなり、顔が赤くなる
  • 皮膚が乾いている
  • 意識がもうろうとなる
  • 頭痛や吐き気がする…など


熱中症ので倒れた人を見かけたら、体温を下げてあげるのが最優先です。

意識障害やけいれんなどの症状がある場合は、すぐに救急車を呼びましょう。


熱中症(日射病)の手当て



熱中症の手当ては、基本的に意識がある人に行います。

意識レベルが低いときには重症なので、速やかに救急車を呼びます。

先ずは、意識がある場合の手当てのついて説明したいと思います。



 icon-arrow-circle-o-down 熱中症の手当て3つのポイントです。


  1. 涼しい場所に寝かせる
  2. 全身を冷やす
  3. 冷たい飲み物を与える


涼しい場所に寝かせる



体を冷やすことが先決ですので、風邪通りのよい涼しい日陰に運びます。

近くの木陰や建物の日陰部分など、できだけ涼しい場所に移動します。



もし近くに涼める建物があれば、中に移動して手当てをします。

少しでも風通しをよくするために、衣服をゆるめます。


全身を冷やす



できでば衣服を脱がせて、上半身を全裸に近い状態で冷やします。

上半身に水をかけたり、冷たい水に浸したタオルを体にあてます。

このときに、ウチワなどでタオルを扇いであげると効果的です。




冷水がないときには、近くの自販機などで冷水を調達します。

お酒などのアルコール類は揮発性があるので、体を冷やすのには効果的です。


冷たい飲み物を与える



体温が下がり、意識がはっきりとしてきたら冷たい飲み物を与えます。

冷たい水でもよいですが、できればスポーツドリンクの方がよいですね。

落ち着いて歩けるようになったなら、病院で診察を受けさせます。

スポンサーリンク


意識がない熱中症



意識がない場合は、激しい発汗と脱水症状で一種のショック状態を起こしています。

熱中症とは異なり、顔色は青白く、皮膚はしっとりとして冷たくなります。



窒息しないように横向きに寝かせて、気道を確保しつつ救急車を呼びます。

電話がつながったら、「救急をお願いします」と告げて指示に従いましょう。


救急車が着て欲しい場所を、冷静に相手に伝えましょう。

道路や交差点の名前など、目印になるものを的確に伝えましょう。

スマホの「グーグルマップ」で現在地が確認することができます。


まとめ



熱中症(日射病)の手当ての3つのポイントは、とにかく涼しい場所で体を冷やすこと。

顔色が青白い、意識がない(もうろう)、皮膚がしっとりと冷たいときは重症です。

そのようなときは、ためらわずに救急車を呼びましょう。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 熱中症や日射病で倒れたときの手当て3つのポイント | わたしの健康ノート