【夜眠れない朝起きれない】朝昼逆転したときの対処法 | わたしの健康ノート

【夜眠れない朝起きれない】朝昼逆転したときの対処法

朝と昼が逆転して夜眠れなくなってしまった。。


明け方に寝てしまうので朝起きれません、どうしたらよいの?

今回は、朝昼が逆転してしまったときの対処法です。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

朝昼逆転してしまう睡眠障害



不規則な時間の仕事や、朝昼逆転した生活をしていると体内のリズムが乱れます。

そのことで、睡眠が起こりやすい時間帯が、一般の人とズレてしまうのです。

これは「睡眠相後退症候群」という、一種の体内のリズム障害です。




ザックリ説明すると、夜なかなか眠れず、朝起きられなくなる、夜型人間ですね。

一般的な人と比べて、就寝時刻と起床時刻が著しく遅れてしまいます。


こうした睡眠障害は、朝起きられないために社会生活に支障をきたすだけではなく、

脳に深い休息をとらせる「ノンレム睡眠」や、記憶情報を整理する「レム睡眠」などが、

十分に機能しなくなり、脳が疲労が蓄積していろいろな神経症状を引き起こします。


朝昼逆転したときの対処法



夜型人間は、明け方から昼にかけてが本人の「睡眠タイム」に相当しますから、

その時間帯のズレを、正常なものにリセットしてあげる必要があります。


太陽の直視は目を傷めるのでNG


もっともよい方法は、青空の光を目に入れることで体内時計をリセットすること。

光によって視神経が刺激されて、体内時計がそれを感知してリセットされるのです。

内時計がリセットされると、そこから新たにリズムを刻み始めます。


 icon-arrow-circle-o-right 夜眠れないときはどうする?グッスリ寝るための4つの対策

スポンサーリンク


それでも難しいとき



1日ごとに、寝る時間を3時間遅くしていく方法があります。

もし朝4時に就寝しるのなら、翌日には朝7時に就寝するようにします。

翌々日には朝10というように、寝る時間を後方にズラしていくようにします。




だいたい1週間後には、就寝時刻が夜11時頃になっているはずですが、

ある程度の日数が必要ですので、学校や会社を休まなければなりません。


まとめ



生活が朝昼逆転することで、社会生活はもちろんのこと、いろいろな弊害が出てきます。

本来、体内リズムは、日の出・日の入りに同調して健康を維持するように働いています。

自然のリズムに合わせて生活することが、健康を維持するうえで大切だと思います。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 眠れない・起きれない » 【夜眠れない朝起きれない】朝昼逆転したときの対処法 | わたしの健康ノート