【やっぱり】食事が原因?若年性脳梗塞の症状と治療 | わたしの健康ノート

【やっぱり】食事が原因?若年性脳梗塞の症状と治療

若い人に脳梗塞が増えているのはなぜなの?


若年性脳梗塞の原因・症状・治療について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

若年性脳梗塞の原因



脳梗塞は若い人には無縁に思われがちですが、

「若年性脳梗塞」は、45歳以下で発症することをいうそうで、

最近では40代で脳梗塞になるケースが増えてきています。


というのは、

脳梗塞は動脈硬化で血管が狭くなり、血管がつまることで起こることが多く、

動脈硬化の原因の多くは、高血圧・高脂血症・糖尿病などです。

それらは40代にはよくみられるもので、脳梗塞になっても不思議ではありません。


 icon-arrow-circle-o-down ザックリ動脈硬化になる原因をあげてみると、


  • 塩分の摂りすぎ
  • 肥満(食べすぎ)
  • 脂っぽい食事
  • タバコやアルコール
  • 運動不足…など

いかにも、働き盛りの40代男性が好むものばかりですね(^^ゞ


美味しいものは「脂と糖」


過度の飲酒はカロリーが高く、肥満の原因になります。

酒のお供の「つまみ」も塩分が高いものがほとんどです。

タバコは血圧を上げて、血管にコレステロールを沈着させます。



実は、適度な運動は血流量を増やして、コレステロールの沈着を防いでくれます。

運動は血管そのものを柔軟にして、高血圧を予防する効果もあります。


若年性脳梗塞の症状



脳梗塞とは、脳の血管に血栓や脂肪のかたまりがつまってしまう病気です。

それにより脳細胞が死んでしまい、いろいろな症状が現われてくることになります。


 icon-arrow-circle-o-down 脳梗塞の代表的な症状


  • 半身の運動麻痺
  • 手足の感覚障害
  • 言語障害
  • 視野障害
  • 最悪なら昏睡…など


あくび頭痛は危険?!注意すべき脳梗塞4つの前兆

スポンサーリンク


若年性脳梗塞の治療



脳梗塞を発症したときは入院をして、内科的な治療をします。

急性期なら、脳圧を下げる薬や血栓を溶かす薬を投与します。

しかしながら、血栓を溶かす薬の使用は発症後3時間以内とされています。



症状によっては手術をすることもあります。

それ以後は、血管を拡張する薬や、血栓を予防する薬を使います。

機能回復には症状に合わせたリハビリテーションが不可欠です。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 頭痛・めまい・肩こり » 【やっぱり】食事が原因?若年性脳梗塞の症状と治療 | わたしの健康ノート