吐き気で食欲不振に!動悸やめまいもする原因はなに? | わたしの健康ノート

吐き気で食欲不振に!動悸やめまいもする原因はなに?

前から疲労感が抜けず、最近めまいや吐き気がするようになってきた。。


おまけに頭痛・動悸などもします。これってストレスでしょうか?

今回は、吐き気・倦怠感・動悸などの原因を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

吐き気・倦怠感・動悸などになる原因



頭痛・めまい・吐き気・食欲不振・動悸などの症状があって、

検査としても異常がなければ、ストレスや自律神経の不調かも知れません。

でも、健康診断の尿検査でなどで尿潜血反応があるときには、


「慢性腎炎」まんせいじんえんかも知れません


慢性腎炎は「慢性糸球体腎炎」まんせいしきゅうたいじんえんとも呼ばれていて、慢性の腎臓病のことです。

タンパク尿や血尿が1年以上続くことありますが、たいていは自覚症状がありません。

会社検診や病院で検査をしたときに、偶然に発見されることが多いようです(^^ゞ

 


最初は自覚症状もないので、なんとなく疲れやすく感じる程度ですが、

 icon-arrow-circle-o-down 症状が進むにつれ、
  • 頭痛・めまい
  • 吐き気・食欲不振
  • 疲労感
  • 動悸
  • 高血圧
  • 尿潜血・尿タンパク
…などの症状が現れてきますが、ほとんどの場合は原因不明とのこと。

 icon-check-square-o 「尿潜血」にょうせんけつとは、肉眼では見えないレベルの血尿のことです。 




 icon-warning ですので、尿が赤くないからといって安心はできません(^^ゞ

 icon-arrow-circle-o-right 倦怠感はストレスだけじゃない!吐き気や腹痛で食欲不振なる原因


治療について



慢性糸球体腎炎といっても、さまざまなタイプがあり、

先ずは腎臓の細胞を調べて、腎炎のタイプを特定するのが大切なようです。

 

タイプによって治療方法が違ってきますが、共通した治療法も多いとのこと。

必要に応じて、ステロイド・免疫抑制剤などの薬が使われるようです。

 

しかしながら、慢性糸球体腎炎は完治するのが難しいそうで、

基本的には、定期的に通院しながら経過観察していくそうです。

スポンサーリンク


日頃のケアについて



症状によっては安静が必要で、激しい運動やスポーツは避けるようにします。

長時間の立ちっぱなしの仕事は腎臓に負担をかけるので、

 
治療の基本は塩分カット


仕事もデスクワークが望ましく、なるべく体を休めることが大切です。

基本的には、食事の塩分を制限して血圧を管理する食事療法がメインとなります。


まとめ:定期検診はとても大切



「慢性糸球体腎炎」はストレス症状にも似ていて、気がつきにくい病気です。

健康診断などで偶然見つかることが多いので、毎年の健康診断は大切ですね(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【倦怠感】腹痛と吐き気で食欲不振…1ヶ月も微熱が続く

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 食欲不振・倦怠感 » 吐き気で食欲不振に!動悸やめまいもする原因はなに? | わたしの健康ノート