【ストレスとは限らない】下痢や吐き気で食欲不振になる原因 | わたしの健康ノート

【ストレスとは限らない】下痢や吐き気で食欲不振になる原因

下痢で吐き気で食欲不振になるのはストレス性のものですか?


お腹もガスで張っているような気がします。。

今回のテーマは「ストレス性の下痢」と違うものです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ストレス性の下痢じゃないかも



 icon-check-square-o ストレスが原因の下痢といえば「過敏性腸症候群」が知られています。 

下痢ばかりではなく、便秘や下痢を繰り返すタイプのものもあります。

しかし、仕事や人間関係も順調で、ストレスに覚えがないときには、


「慢性胃炎」まんせいいえんかも知れません


慢性胃とは、胃の粘膜がいつも炎症を起こしている状態になる病気です。

慢性胃炎では、胃のもたれ・胸焼け・食欲不振などの症状がみられます。

 


一見、下痢とは関係ないように思えますが、実はあるんです。

それを順番に説明したいと思います(^^;

 

 icon-check-square-o 胃の粘膜が炎症し続けると、胃の粘膜が委縮して薄くなってしまいます。

そうなると、胃の中にある胃腺も委縮してしまい、胃液の量が少なくなります。
※ 胃腺:胃液を分泌するところ


これを「委縮性胃炎」いしゅくせいいえんといいます


委縮性胃炎などで胃液の分泌量が少なくなると、消化不良を起こしてしまいます。

すると、食欲不振吐き気・胃もたれ・軽い下痢症状などになります。

 

また、消化不良が原因で、腸内ガスが悪化してお腹が張ることもありますね。

ちなみに、胃液の中の酸が正常より少ない状態を「低酸症」といいます。

スポンサーリンク


その原因とは



慢性胃炎の原因には、酒・タバコ・辛い物・熱いものなどの刺激物に、

胃の粘膜が持続的に晒されことで起きるといわれています。


チゲとは「鍋」という意味です


最近では「ピロリ菌」といわれる細菌が、密接に関与しているともいわれています。
※ ピロリ菌:ヘリコバクターピロリ

 icon-arrow-circle-o-right 【ストレスだけじゃない】胃痛と吐き気で食欲がない3つの原因


その治療とは



なによりも胃の粘膜を荒らすような、刺激のある食べ物を避けること。

消化の良い食事を心がけるようにすること。

足りない酸を補って消化を助けるような薬物治療をするそうです。


まとめ



慢性胃炎と下痢は直接には関係しないよう思われますが、

慢性胃炎の中でも委縮性胃炎になると、消化不良による軽い下痢症状が起こってきます。



それにより、腸内ガスが悪化してお腹が張る原因にもなってきます。

週の何日かは胃を労わるような、やさしい食べ物にしましょう(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【逆効果】ヨーグルトや食物繊維が多い食べ物で便秘症状が悪化?!

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 下痢がつらい » 【ストレスとは限らない】下痢や吐き気で食欲不振になる原因 | わたしの健康ノート