立ちくらみは貧血?食欲不振と体重減少の原因は何ですか? | わたしの健康ノート

立ちくらみは貧血?食欲不振と体重減少の原因は何ですか?

最近だるくて食欲がありません。体重も減ってきました。。


朝もなかなか起きられなくて、立ちくらみがします。。

今回は食欲不振や体重減少、立ちくらみの原因を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

食欲不振・体重減少・立ちくらみの原因

 

食欲不振・体重減少・倦怠感というと、いろいろな病気が考えられますが、

低血糖・低血圧による立ちくらみがある場合には、

 
「副腎皮質機能低下症」ふくじんひしつきのうていかしょうかも知れません
 

 icon-check-square-o 「副腎皮質機能低下症」は、副腎皮質から分泌される、

副腎皮質ホルモンの一種「コルチゾール」の量が低下することによって起こります。

 
疲れがとれない


低下の原因には、副腎そのものに病気がある場合と、

下垂体から分泌される「副腎皮質刺激ホルモン」の低下の場合があります。

 

コルチゾールの役割とは

 

コルチゾールは副腎皮質ホルモンの一種で、いろいろな役割を持っています。


icon-arrow-circle-o-down コルチゾールの役割をまとめると

  • 血糖を上げる
  • タンパク質の合成と分解
  • 免疫抑制作用
  • 抗炎症作用…など
 

コルチゾールが低下するとどうなる

 

icon-arrow-circle-o-down 副腎皮質機能低下症の症状について

  • 食欲不振・吐き気・嘔吐
  • 体重減少・倦怠感
  • 低血圧・低血糖…など
副腎皮質機能低下症でも体重減少などがみられます。

立ちくらみは貧血ばかりではなく、低血圧や低血糖による可能性もあります。

 icon-arrow-circle-o-right 【食欲不振だるい】原因はなに?低血圧を改善する5つのポイント

 

治療について

 

コルチゾールは副腎皮質ホルモンである「糖質コルチコイド」の一種です。

ですので「糖質コルチコイド」を補給する、ホルモン治療を行います。

原因とわかっている病気がある場合には、その病気の治療を行います。

スポンサーリンク


余談:副腎疲労症候について

 

「副腎疲労症候群」とは、ストレスなどが原因で副腎が疲弊してしまうというものです。

そのことにより、副腎皮質ホルモンの分泌量が低下して「うつ」に似た症状になるそうです。

 

この「副腎疲労症候群」は1990年代に、アメリカの医師によって提唱されましたが、

今のところ日本では知名度が低く、まだ医学的には証明されていないようです。

治療法なども確立されておらず、食生活の改善やストレス軽減などを行っているようです(^^;


 icon-arrow-circle-o-right 【要注意】だるい・食欲がない…貧血と間違いやすい病気

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 食欲不振・倦怠感 » 立ちくらみは貧血?食欲不振と体重減少の原因は何ですか? | わたしの健康ノート