【不正出血】頭痛に下腹部痛…貧血症状の原因はアレだった! | わたしの健康ノート

【不正出血】頭痛に下腹部痛…貧血症状の原因はアレだった!

頭痛・下腹部痛・貧血になる原因を調べてみた

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

頭痛・下腹部痛・貧血の原因



頭痛と下腹部痛を伴う生理痛で悩まされるものに「月経困難症」があります。

もし、貧血などの症状があるときには、


「子宮筋腫」しきゅうきんしゅが原因かもしれません


月経困難症は、子宮筋腫が原因でも起こります。


 icon-arrow-circle-o-down 子宮筋腫の症状

  • 不正出血
  • 過多月経
  • 貧血
  • 頭痛・めまい
  • 腰痛・下腹部痛
  • 生理痛
  • 便秘・頻尿
  • 不妊…など


子宮筋腫は女性の5人に1人は、大なり小なりの筋腫をもっているといわれています。

筋腫そのものは良性の腫瘍ですが、大きくなると周りの臓器を圧迫します。

また、筋腫ができる場所によっては、不妊の原因にもなるので要注意です。


 icon-arrow-circle-o-right 【下痢と腹痛】生理後の茶色い不正出血3つの原因


この病気の原因



 icon-check-square-o 子宮筋腫は20歳~50歳の間に大きくなるとされていて、

卵巣ホルモンの作用が原因ではないかと考えられています。


卵巣ホルモンが低下する閉経期には筋腫も小さくなり、

閉経期に新しく筋腫ができることはありません。


また、閉経間際に筋腫が大きくなることもあるので注意が必要です。

閉経後にお腹が大きくなったという人は、子宮筋腫かもしれませんね(^^ゞ





この病気の治療



子宮筋腫がみつかったときには、基本的に手術で取り除きます。

筋腫が小さくて、健康的に問題がなければ経過観察をします。



筋腫が大きくて、内臓を圧迫しているようなときは子宮ごと摘出します。

筋腫が子宮の内側や卵管を圧迫して、不妊の原因になっていることもあります。

その場合は筋腫だけを取り除いて、不妊を解消します。


 icon-arrow-circle-o-right 【腹痛でめまい】便秘と下痢で貧血になる3つの原因

スポンサーリンク


この病気と貧血について



子宮筋腫の症状に、過多月経というものがあり貧血の原因にもなります。

筋腫によって子宮の変形するので、出血量が増えて過多月経になるそうです。

月経量は他人と比べる機会がないので、過多月経であっても気がつきません。。



自分で貧血気味だと感じたら、婦人科でチェックしてもらうとよいです。

あとは、なかなか妊娠しないときにもチェックが必要です。

子宮がんも一緒にチェックしてもらえるので、オススメですね(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【不正出血と腹痛】発熱と下腹部痛が伴う3つの病気

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【不正出血】頭痛に下腹部痛…貧血症状の原因はアレだった! | わたしの健康ノート