【チェックリスト】胃痛と左肩痛は心筋梗塞の前兆なの? | わたしの健康ノート

【チェックリスト】胃痛と左肩痛は心筋梗塞の前兆なの?

胃痛と左肩痛は心筋梗塞の前兆ってほんとう?


今回は、心筋梗塞の前兆について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

心筋梗塞の前兆とは



高いコレステロールは動脈硬化を引き起こしますが、

コレステロールともっとも関係が深い病気は、虚血性疾患きょけつせいしっかんと呼ばれるものです。

虚血性疾患とは、動脈硬化などにより、心臓の筋肉への血液量が不足する病気です。




虚血性疾患には「狭心症」と「心筋梗塞」がありますが、

心筋梗塞の前兆が、この狭心症です。


狭心症のおもな症状



狭心症は、心臓の筋肉を取り巻く動脈の内腔が狭くなることで起こります。

心臓を栄養している動脈の血流量が不足することで、次のような症状が現れます。


  • 胸が締めつけられるような痛み</li>
  • 首を締めつけられるような圧迫感
  • 心窩部痛しんかぶつう(胃痛のように痛む)
  • 背中や左肩が痛む
  • 息ができない…など


ふだん静かにしているときには、これらの症状は現れません。

でも、運動で心臓に負荷をかけたり、何かで興奮したりすると症状が現れます。



これらの症状が現れるのは、心臓が酸欠状態になっているからで、

安静にしていれば5~15分で治まりますが、また発作を繰返します。


心筋梗塞について



狭心症は心臓への血流量が不足することで起こりますが、

心筋梗塞では血流量が途絶えてしまい、心臓の筋肉が壊死えししてしまいます。



心臓を栄養している動脈は3本あるのですが、

そのうちの1本がつまってしまうと、単純に心臓の3分の1の筋肉が壊死します。




つまり、心臓は残りの筋肉で今までの仕事量をこなさなくてはなりません。

心筋梗塞を発症してから2時間以内の利用ができれば、元どおりに回復できます。

スポンサーリンク


狭心症になりやすい時間帯



狭心症は、心臓に負荷をかけているときに起こりやすいので、

体を動かしているときは、過度に興奮してるときに発作が起きやすくなります。



人は朝起きると、活動するための準備として、多くのホルモンが分泌されます。

眠りから覚めるのにはよいのですが、それが心臓などに負担をかけるのです。

ですから、明け方から午前中にかけて発作が起こりやすくなります。


まとめ



運動をした後で、心窩部痛(胃痛)や左肩の痛みがあれば狭心症かも知れません。

静かにしていると5分~10分で発作が治まるのも特徴です。

狭心症は心筋梗塞の前兆として現われるので、注意が必要です。

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 【チェックリスト】胃痛と左肩痛は心筋梗塞の前兆なの? | わたしの健康ノート