【歯周病の予防】おすすめ歯ブラシは?歯磨き3つのポイント | わたしの健康ノート

【歯周病の予防】おすすめ歯ブラシは?歯磨き3つのポイント

歯周病を予防するのに効果な歯磨きの方法を調べてみた


歯周病を予防すのには、縦磨き・横磨きどちらがよいの?

今回は、歯周病を予防する歯磨きについてです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

歯周病を予防する歯磨き3つのポイント



自分自身が歯周病で治療中の身ですので、歯ミガキは気になるところです。

歯ミガキの仕方も人によって、縦ミガキ・横ミガキにわかれますし、

ハイテク派なら電動ブラシなどの回転ブラシもありますよね(^^ゞ


自己流じゃダメなの?


それで歯ミガキの方法を調べてみると、

どの方法も正しくもあり、間違いでもあるといったところでした。。

というのは、歯の場所によって磨き方を変える必要があるとのこと。



 icon-arrow-circle-o-down それぞれの磨き方のポイント


横ミガキのポイント



わたしの中では、だいたいの人が横ミガキをしていると思っています。

食べカスや歯垢がつきやすい場所には、いくつかポイントがあります。



 icon-check-square-o そのうちの1つが「歯周ポケット」と呼ばれる場所で、歯と歯茎の境目です。

もうお気付きだと思いますが、このポケットを磨くのには横ミガキが最適です。



歯周病(歯槽膿漏)は歯周ポケットのことトラブルですので、

歯周病を予防するには「横ミガキ」が最適といえます。

ですので、横ミガキをするときは、ポケットを狙って磨きましょう!


 icon-arrow-circle-o-right 【歯が抜けそう】歯茎がヤバい!歯周病の原因と症状を調べてみた


縦ミガキのポイント



 icon-check-square-o 食べカスや歯垢がつきやすい2つめのポイントは、歯と歯の隙間です。

言うまでもなく、これは「縦磨き」が最適です。



食べカスや歯垢が歯の間に残っていると、虫歯の原因になります。

縦ミガキは虫歯を予防する磨き方です。


電動歯ブラシのポイント



 icon-check-square-o 3つ目の虫歯になりやすいポイントは、奥歯のヘッド(頭)です。

回転式ブラシなら奥歯のヘッドを磨くのに最適です。



 icon-warning しかし、歯の表面を磨くのに適していますが、

歯の隙間や歯周ポケットを充分に掃除することができません。。

歯ブラシと併用して使うのがよいのかなぁ…と思います。

スポンサーリンク


歯周病を予防する歯ブラシの選び方



 icon-check-square-o 歯の隙間や、歯周ポケットを磨くのには毛先の細いものがよいと思います。

歯の隙間や歯周ポケットに、毛先スッと入るものが良いですね。




歯ブラシの固さは「ふつう」よいともいますが、痛いときにはやわらかめです。

固めの歯ブラシだと、歯茎を傷つけてしまうのでトラブルになります。


毛先が歯ブラシのヘッドよりも広がってきたら交換の合図です。

ちなみに、わたしが使っているのは「システマ」です。


 icon-arrow-circle-o-right 【歯が抜けそう】歯茎がヤバい!歯周病の原因と症状を調べてみた


まとめ



歯周病を予防する歯の磨き方は「横ミガキ」が最適。

それぞれの歯ミガキを使い分けて、サクサク磨きあげましょう!


しっかり磨いていれば、1日1回の歯磨きでもOKとのことです。

たまにはデンタルフロスもしてあげましょう!


 icon-arrow-circle-o-right 【熱いもの食べると痛痒い】歯茎の痛みは歯周病のはじまり?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 【歯周病の予防】おすすめ歯ブラシは?歯磨き3つのポイント | わたしの健康ノート