歯周病の治療の流れと治療期間をしらべてみた | わたしの健康ノート

歯周病の治療の流れと治療期間をしらべてみた

歯周病の治療の流れと治療期間について


わたしも歯周病(歯周炎)の治療をしていますので、気になるところですね。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

歯周病の治療の流れについて



わたしの場合は虫歯で歯医者に行って、歯周病を指摘されたというパターンですね。

また、熱いものを食べたときに歯茎が痛痒くなって歯医者に行くパターンもあります。


歯垢除去はアゴが辛いです。。


 icon-check-square-o 歯周病の治療は、歯周ポケットの歯垢と歯石の除去がメインになります。

それで、歯がぐらついていたり歯茎がダメになっていたら、

ワイヤーで歯を固定したり、歯を抜いたりする流れになります。


歯周病の治療期間



歯周病の治療期間は症状の進み具合によって変わってきます。

症状の進み具合をザックリといえば、歯周ポケットの深さです。




歯周炎が進むと、歯周ポケットが広く深くなっていきます。

歯周病の進み具合を、初期・中期・手術レベルの3つに分けて説明していきます。


歯周病の初期治療と期間



歯周病といえば、一般的に歯周炎(歯槽膿漏)のことをいいますが、

その歯周炎になる一歩手前が初期段階で、その一歩手前が「歯肉炎」です。



 icon-check-square-o 歯周ポケットについている歯垢や歯石の深さも2~3mmといった程度です。

その程度なら治療期間は短く、3~4回通えば治療が完了するレベルです。

毎週通院すれば1ヶ月前後で終わるハズです。


 icon-arrow-circle-o-right 【熱いもの食べると痛痒い】歯茎の痛みは歯周病のはじまり?


歯周病の中期の治療と期間



ここから歯周病の治療になります。

歯肉炎とは違い、歯周ポケットのもう少し奥まで歯垢や歯石がつています。

歯茎が下がって、歯に食べカスなどがつまりやすくなっているレベルです。



 icon-check-square-o わたしの場合は、歯周ポケットの深いところで6mmほどありました。

さらに深ければ、麻酔をして治療をすることもあります。



そのぐらいのレベルになると治療期間が長くなります。

毎週通院するとしても、3ヶ月はみておいたほうがよいと思います。


 icon-arrow-circle-o-right 【歯が抜けそう】歯茎がヤバい!歯周病の原因と症状を調べてみた

スポンサーリンク


歯周病の手術レベルと期間



 icon-check-square-o 歯周ポケットが深くて、直接目で見て歯石が除去できない場合です。

このような場合は手術レベルです。




歯茎の一部を切りとって、患部を見えるようにしてから歯垢や歯石を除去します。

歯垢や歯石を除去したあとは、歯茎を縫い合わせます。

治療期間は6ヶ月以上みておいたほうがよいと思います。


下記の記事も参考にして下さい。

 icon-arrow-circle-o-right 【歯周病】歯茎下がりが目立つ!歯周炎の治療方法


まとめ



歯周病の治療期間は、歯周ポケットの深さに比例します。

治療の流れとしては、初期→中期→末期というようなイメージです。


しかしながら、歯垢や歯石を除去する治療には変わりありません。

この歯周炎は自覚症状がなこともありますので注意が必要です。

 icon-arrow-circle-o-right 【歯周病の予防】おすすめ歯ブラシは?歯磨き3つのポイント

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 歯周病の治療の流れと治療期間をしらべてみた | わたしの健康ノート