【歯周病】歯茎下がりが目立つ!歯周炎の治療方法 | わたしの健康ノート

【歯周病】歯茎下がりが目立つ!歯周炎の治療方法

このごろ口臭と歯茎下がりが目立ってきた。。


口臭がひどくなったので、歯医者に行ってみたら歯周病で確定でした。。

今回は、歯周病の治療方法を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

歯周病の検査について



ここでの歯周病とは、歯周炎(歯槽膿漏)のことです。




今から1年前に虫歯で歯医者に行ったところ、歯周病も指摘されました。

虫歯が治ったので、そのまま1年間歯周病を放置していました(忘れていた)



最近口臭が目立つようになったので、もしやと思い歯医者にいってみたら、

前回よりも歯周病が進んでいると言われてしまいました。

ま、自業自得なんですが(^^ゞ




歯周病を調べるときは歯茎の見た目もあるんですが、

歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)を図のような器具で計測します。

ポケットの広さとか深さですね、治療効果があればギャップが減少していくはずです。



歯周病の症状については下記の記事を参考にして下さい。

 icon-arrow-circle-o-right 【歯が抜けそう】歯茎がヤバい!歯周病の原因と症状を調べてみた


歯周病の治療について



 icon-check-square-o 歯周病(歯周炎)の症状が軽ければ、歯垢や歯石を除去します。

歯垢や歯石を除去をすることで歯茎の炎症が治まれば、

徐々に歯周ポケットがギャップが減少していきます(症状にもよる)


もちろん、その後の歯磨きなどのケアは大切です。


 icon-check-square-o 症状が重いときは、悪化した歯茎の一部を切り取ったり、

グラグラしている歯をワイヤーなどで固定したりします。



歯の土台(歯槽骨)まで破壊されていたときには、歯を抜いてしまうこともあります。

歯をいくつ抜くかによりますが、部分入れ歯や総入れ歯になることもあります。

歯槽膿漏の治療の最終形が、総入れ歯というワケですね。

スポンサーリンク


歯槽膿漏は中高年だけではなく、若い年齢層にもみられます。

ですから、若くして総入れ歯ということもあり得ないことではありません。。


わたくしごとですが…



そういうワタシも目下歯周炎の治療中でして、

歯垢や歯石が歯周ポケット奥深くまで着いています。


月に2回ペースで総ての歯垢や歯石を除去していきますから、

いつ終わるの?という感じで、たぶん半年は通院しそうです。。


 icon-arrow-circle-o-right 【熱いもの食べると痛痒い】歯茎の痛みは歯周病のはじまり?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 【歯周病】歯茎下がりが目立つ!歯周炎の治療方法 | わたしの健康ノート