【タミフルに効果がない?】インフルエンザ薬の効果と時間 | わたしの健康ノート

【タミフルに効果がない?】インフルエンザ薬の効果と時間

タミフルが効かないときがあるってほんとう?!


今回は、抵インフルエンザ薬の効果について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

インフルエンザと風邪の違い



インフルエンザは約200種類以上あるというわれている風邪ウイルスの1つで、

インフルエンザウイルスの感染で起こります。




インフルエンザはほかの風邪とは違い、全身症状が強く出るのが特徴です。

突然39℃前後の発熱が出て、寒気や頭痛、関節の痛みが現れます。

全身症状としては、腰や手足の筋肉痛や倦怠感などです。



インフルエンザにはタミフル・リレンザなどの抵インフルエンザ薬があるので、

症状が辛くなってからでも大丈夫と思っている方もいるかと思いますが、



抵インフルエンザ薬を使用するにはタイミングがあり、

このタイミングを逃してしまうと薬の効果がありません。。


抵インフルエンザ薬のタイミングについて



病院でインフルエンザと診断されると、抵インフルエンザ薬が処方されます。

しかし、抵インフルエンザ薬は、

 icon-check-square-o インフルエンザ発症から48時間以内に服用しないと効果がありません。

ですので、インフルエンザを疑うときは、できるだけ早く受診しましょう。



 icon-warning  もうすこし様子を見てからとか、いよいよとなったら…などと考えてはいけません。

しかしながら、

少なくともタミフルなど抵インフルエンザ薬には副作用も報告されていますから、

その使用にあたっては賛否両論があるようです。

 icon-arrow-circle-o-right 【インフルエンザの症状】a型 b型、熱が出ない人の差とは?

スポンサーリンク


タイミングを逃したときはどうなるの?



インフルエンザを発症して、48時間以上経過していると思われるときは、

普通の風邪と同じように対処します。



高熱が出たら解熱剤、関節痛がひどければ鎮痛剤というように、

症状に合わせて対処する「対処療法」になります。


インフルエンザの症状は3~4日までがピークで、それを過ぎると熱も下がり始めます。

だるさや関節痛などの全身症状も軽くなっていきます。

順調にいけば、1週間~10日前後で回復するはずです。

 icon-arrow-circle-o-right 【子供がぐったり】風邪で高熱が出たときの食事3つのポイント

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 【タミフルに効果がない?】インフルエンザ薬の効果と時間 | わたしの健康ノート