【正しく歩くと治る?】腰痛を防止する歩き方をしらべてみた。 | わたしの健康ノート

【正しく歩くと治る?】腰痛を防止する歩き方をしらべてみた。

腰痛を防止する正しい歩き方をしらべてみた


人は2本足で生活しているので、立ったり歩いたりする姿勢がとても大切。

今回はのテーマは、正しい歩き方で腰痛を防止する方法です。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ファッションモデルの歩き方がお手本?



以前にモデルは頭の上に本を乗せて、歩き方の練習をするようなことを聞きました。

今もこのような練習をしているのかはわかりませんが、これは理にかなっています。



 icon-check-square-o 人間の頭は意外に重く、歩くときも頭の重心を上手に移動して歩きます。

本を頭に乗せているような歩き方は、頭の重みを上手に背骨に分散してくれます。

つまり背骨のカーブを効果的に使うので、腰への負担が少ないと思います。


腰痛を防止する歩き方



モデルのように、本を頭の上に乗せて訓練する方法ではありません(^^ゞ

 icon-arrow-circle-o-down 少し意識するだけで改善できる方法です。

  • 少しお腹をへこますこと
  • 少し胸を張ること
  • 少しアゴを引くこと
  • ヒザを伸ばすこと
  • カカトから着地すること

ヒザを伸ばしカカトから着地するのには、

脚が骨盤の上から生えているようなイメージで歩くと自然にできますよ(^^)


よさ気な歩き方


 icon-check-square-o 慣れないうちは大変ですが、正しい姿勢で歩くことで足腰の筋肉が鍛えられます!

足腰の筋肉が丈夫になると、腰痛予防に大きな効果が期待できるというワケです。


ヒザや腰を曲げて、熊のようにのそのそ歩くのはNGです。

また妊婦さんのように、お腹から歩くような姿勢もNGです。

スポンサーリンク


ヒールがあるときはどうするの?



女性の場合は、ヒールの高い靴を履くことがありますよね。

そのような場合は、カカトからではなく足裏全体で着地するようにします。

足裏全体での着地を意識すると歩きやすくなりますよ(^^)


 icon-arrow-circle-o-right 【腰痛改善】超簡単!反り腰の治し方|ストレッチ・筋トレ・寝方


荷物を持つときの注意点



左右非対称の姿勢が続くと、一方の筋肉に負担がかかり正しい姿勢を保てなくなります。

荷物を持つときには、なるべく左右均等に重さを分散させるのがよいです。

ときどきカバンの持ち手を替えるたり、逆の肩に掛け替えましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 【正座の方が楽】デスクワークが辛い…腰痛を防ぐ椅子の座り方

 icon-arrow-circle-o-right 【仰向け・うつ伏せ・横向き】腰痛を防止する寝方はどれ?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【正しく歩くと治る?】腰痛を防止する歩き方をしらべてみた。 | わたしの健康ノート