【足の付け根の違和感】腰痛と股関節痛を防ぐ3つのストレッチ | わたしの健康ノート

【足の付け根の違和感】腰痛と股関節痛を防ぐ3つのストレッチ

股関節痛と腰痛を防ぐストレッチをしらべてみた


今回は、股関節痛と腰痛を改善するストレッチです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

股関節痛と腰痛を防ぐ3つのストレッチ



股関節の周りの筋肉が固くなると、足の付け根の違和感や痛みが出ることがあります。

 icon-warning もちろん、股関節や下腹部の病気が原因の股関節痛は除外です。



椅子に座るときの足の組み方や立ち方の癖などで、

日常の筋肉の使い方に左右差が生じるのが原因です。



股関節は骨盤・背骨などの土台ですから、土台に左右差があると腰痛などになります。

固くなっている股関節周りの筋肉を、ストレッチでほぐしてあげるのは効果的です。


腸腰筋のストレッチ



オーソドックスですが、こらは非常に有効なストレッチです

「腸腰筋」ちょうようきんというインナーマッスルのストレッチになります。



よく車に長時間乗っていると腰が痛くなってきますが、

これは座った姿勢では腸腰筋がバランスをとるために収縮するため。


これだけは、やっておきたい!


ドライブやデスクワークの合間にオススメなストレッチです。

  1. 両足を大股で1歩分前後に開く
  2. 前足のヒザを90°ほど曲げる
  3. 後ろ足を伸ばして、体重を真下にかけながら股関節をストレッチする。

股関節を意識して、体重を真下にかけるのがポイント。


大腿前側のストレッチ



上の「腸腰筋のストレッチ」の姿勢から行います。

図では左手で左足をつかんでストレッチしていますが、

あえて右手でつかんでストレッチすると味わい深くなります(^_-)-☆




これも体重を真下にかけて、大腿四頭筋の伸びを意識します。

ストレッチする筋肉を意識するのはとても大切です。

スポンサーリンク


大腿後ろ側のストレッチ



大腿後ろ側の筋肉を「ハムストリング」と呼びます。

図のように片方の足の開けるだけ開いて、体重を真下にかけてストレッチします。




 icon-check-square-o つま先を真上に向けるとハムストリングがストレッチされ、

つま先を床(地面)に倒すと、今度は大腿部の内側のストレッチになる優れものです。

慣れてきたら、足の裏全体をベッタリ床に着けて行うとよいです(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【やりすぎ】ストレッチに効果的な時間帯と持続時間を調べてみた


まとめ



これらのストレッチは以前に格闘技を習っていた頃に、

ウォームアップの一環として行われていたものです。

このストレッチで腰の調子が良くなったのはワタシです(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【ストレッチは逆効果】腰や背中が反ると痛いときの原因

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【足の付け根の違和感】腰痛と股関節痛を防ぐ3つのストレッチ | わたしの健康ノート