【子供の腰痛】中学生や高校生が腰痛になる原因はコレ! | わたしの健康ノート

【子供の腰痛】中学生や高校生が腰痛になる原因はコレ!

中学生や高校生の腰痛の原因を調べてみた


今回は、子供の腰痛の原因についてです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

子供の腰痛の原因



 icon-check-square-o 腰痛は大人がなると思われがちですが、子どもの腰痛も増えているそうです。

その原因となっているのは、子どもの筋力の衰え。


ゲームばかりしてるから…


確かに子どもの平均身長は伸びましたが、筋力や体力が追いついていません。

筋力低下による姿勢の悪さや、肥満も目立ちます。



 icon-check-square-o 筋力の低下ばかりではなく、骨の強度の低下も腰痛の原因になっています。

もともとも筋力が弱ために、筋肉疲労などから腰痛になってしまいます。

これらは子どもばかりではなく、各年齢層にもみられる現象です。


子供の腰痛で注意したいもの



 icon-check-square-o 子どもの腰痛で注意したいものがあります。それはスポーツによる腰痛です。

中学生や高校生になると、本格的にスポーツを始めるケースが多いです。

でも、子どもの骨格が充分に完成していない時期に、激しいスポーツをすると腰痛になります。




長期的にサッカーやバドミントンなどの、腰をひねるような激しいスポーツを行うと、

腰椎の関節に大きな負荷がかかって、腰椎の一部の骨が切れることがあります。


それが「腰椎分離症」ようついぶんりしょうです


腰椎分離症の初期の症状は腰痛です。

早くに治療をすれば、またスポーツを続けることができます。


スポンサーリンク


しかし、治療もしないで無理をしながら頑張り続けると、

今度は「腰椎分離すべり症」といって、腰椎の1つが前にズレることがあります。

腰椎がズレると腰の神経を圧迫して、腰や足に痛みやしびれを起こします。



すべり症にまでなってしまうと、スポーツに復帰するまでには時間がかかります。。

場合によっては、スポーツだけではなく生活にも支障が出ることもあります。。



 icon-warning 腰に痛みが出たときには、無理をせずに慎重に行動しましょう。

つまり「すぐに整形外科に行きましょう」ということですね。


腰椎分離症の治療



症状が初期の段階であれば、コルセットで固定して運動を中止します。

子どもの場合は、それで分離した部分がくっつくこともあります。



しかし腰椎が分離したままでムリに運動を続けると、「すべり症」になる可能性があります。

すべり症になり、排尿障害や足の麻痺が出る場合には手術になりますので、

早いうちに整形外科を受診しましょう。

 icon-arrow-circle-o-right 【子供の腰痛】中学生の腰が痛いのは成長痛が原因?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【子供の腰痛】中学生や高校生が腰痛になる原因はコレ! | わたしの健康ノート