【仰向け・うつ伏せ・横向き】腰痛を防止する寝方はどれ? | わたしの健康ノート

【仰向け・うつ伏せ・横向き】腰痛を防止する寝方はどれ?

仰向け・うつ伏せ・横向き…腰痛になりにくい寝方をしらべてみた。


今回のテーマは」腰痛を防止する寝方」です。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

仰向け・うつ伏せ・横向き、それぞれの寝方



人は生まれ持った背骨のカーブで、頭や体の重みを効果的にに分散しています。

ですので、人の基本姿勢…立ち方・座り方・歩き方、寝方の4つがとても重要です。



それらの姿勢が正しくないと、ある特定の部分に負荷がかかり腰痛などになります。

だいたいの人の寝方は、仰向け・うつ伏せ・横向きの3パターンです。




この3パターンの寝方のうち、どれが腰に負担が少ない寝方なのかというと、


仰向けです


次に負担が少ない寝方は横向きですが、背骨に横からの力がかかるのでよくありません。

外人などはよくうつ伏せで寝るようですが、これはもっとも腰に負担のかかる寝方です。



実は、うつ伏せで寝ると、背骨が後ろに強く反った姿勢になります。

この背骨が反った姿勢というのは、腰に大きな負担をかけるのです。



 icon-check-square-o 腰に負担の少ない姿勢というのは、背骨のカーブを保つことでもあります。

腰への負担は、うつ伏せ寝 > 横向き寝 > 仰向け寝の順に大きくなります。


腰への負担を軽くする方法



先にも述べたように、腰に負担になるのは背骨の反りです。

少しの工夫で腰への負担が大幅に軽減させることができます。


 icon-arrow-circle-o-down 寝方別の対処法ですね

  • 仰向け・ヒザの下にタオルを入れて少し高くする。布団で下腿を高くしてもよいです
  • うつ伏せ・お腹の下にタオルを入れて、体を軽く「への字」にする
  • 横向き・背中とヒザを軽く「くの字」に曲げる。ヒザにタオルを挟むと楽です


ぎっくり腰になったときは、この横向きの寝方で嵐が過ぎ去るのを待ちます(^^ゞ

 icon-book うつ伏せになって本を読むときは、お腹の下にタオルを入れましょう(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【急性腰痛】ぎっくり腰は腰の捻挫?その原因と治療期間

スポンサーリンク


マットは低反発・高反発どっち?



 icon-check-square-o よく寝返りをする人横向きに寝る人は低反発マットは不向きです。

低反発マットは体が沈み込むマットなので、寝返りが打ちにくくなります。

横向き寝の場合は、腰が横に沈みすぎると背骨によくありません。


寝相が悪いのは良いこと


ですので、寝返りタイプ・横向き寝タイプには高反発がオススメです。

健康な人なら寝返りを打ちますから、高反発のマットの方が無難ですね。

それと、低反発のマットは体に密着しますので、好き嫌いが分かれるところですね。


 icon-arrow-circle-o-right 特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【仰向け・うつ伏せ・横向き】腰痛を防止する寝方はどれ? | わたしの健康ノート