【正座の方が楽】デスクワークが辛い…腰痛を防ぐ椅子の座り方 | わたしの健康ノート

【正座の方が楽】デスクワークが辛い…腰痛を防ぐ椅子の座り方

腰痛を防ぐ、椅子の正しい座り方をしらべてみた


椅子の上に正座をした方が楽に感じる!

今回は、腰痛を防ぐ椅子の座り方を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

腰痛を防ぐ椅子の座り方



 icon-check-square-o 実は立っている姿勢のときよりも、椅子に座っている方が腰に負担がかかっています。

それだけに、デスクワークの人には椅子に座る姿勢は重要です。

椅子に座るときの姿勢は、正しく立ったときの姿勢でストンと腰を落とすだけ。


腰に負担をかけない立ち方



 icon-arrow-circle-o-down 「座り方」を説明する前に、先ずは正しい立ち方です(^^)

  • 軽くアゴを引く
  • 軽くお腹をへこませる
  • 軽く胸をはる
  • お尻をキュッと引きしめる
  • 肩の力を抜く

 icon-check-square-o 座る・歩く・寝るといった動作や姿勢も、基本的には立ったとき姿勢の延長です。

つまり、立っているときの理想的な背骨のカーブを保つことがポイントです。


腰に負担をかけない座り方



それでは、正しい座り方です。

  • 軽くアゴを引く
  • 軽くお腹をへこませる
  • 軽く胸をはる
  • ヒザを曲げる角度は90°
  • 腰の角度はほぼ90°
  • 足の裏全体えお床に着ける
ほぼ良い座り方


 icon-check-square-o 椅子の奥まで深く腰掛けて、腰を背もたれにあてます。

そこで注意するのは、背もたれに寄りかからないこと。


浅い座りで、背が丸いのはNG


椅子にもよりますが、背もたれが少し後ろに傾いているものが良いです。

足の裏全体が床に着かないときには、台を敷いて調節するとよいです。


 icon-arrow-circle-o-right 【迷う】腰痛のときは安静?それとも運動してもよい?

スポンサーリンク


正しく座っていても疲れるとき



 icon-check-square-o いくら正しい姿勢で座っていても、長時間同じ姿勢でいると疲れます。

血行が悪くなって、腰の筋肉が固くなり腰痛の原因にもなります。



そうならないためにも、30分に1回は立ち上がってストレッチしましょう。

30分毎にヒザを交互に組み替えたり、少し浅く腰掛けるもの効果的です。


正座とあぐらを楽にする方法



もともと正座は、背筋が伸びる座り方なので楽です。

でも、座る姿勢は腰に負担がかかるのでジワジワと腰がだるくなります。

そのようなときは、お尻に下に座布団を二つ折りにして入れておくと楽です。


オススメでない座り方


「あぐら」は座ったときに腰が丸くなるので、かなり腰に負担をかける座り方です。。

これも同様に、座布団を二枚折にしてお尻の下に入れてあげれば楽になります。



座布団がなければ、クッションを折って入れてあげるとようですね。

この「あぐら座布団」は楽でオススメです。


よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 腰痛 » 【正座の方が楽】デスクワークが辛い…腰痛を防ぐ椅子の座り方 | わたしの健康ノート