【腰痛改善】ウォーキングで腰痛を悪化せないコツ・歩き方 | わたしの健康ノート

【腰痛改善】ウォーキングで腰痛を悪化せないコツ・歩き方

ウォーキングは腰痛改善が期待できる優れた運動です


しかし、正しい歩き方をしないと悪化することもあります。。

今回は、ウォーキングの正しい歩き方についてです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ウォーキングの正しい歩き方



 icon-check-square-o ウォーキングは腰痛予防にもなり、相乗効果として肥満解消が期待できます。

また、いつもと違うことをすることでストレス解消にも効果的です。



腰痛改善には、歩き方・立ち方・座り方・寝方などの基本姿勢がとても大切。

ウォーキングは、その基本姿勢である「歩き方」に発展形ですね。

楽しく歩きましょう

下記の記事の「正しい歩き方」も参考にしつつ行って下さいね(^^)

 icon-arrow-circle-o-right 【正しく歩くと治る?】腰痛を防止する歩き方をしらべてみた。


 icon-arrow-circle-o-down ウォーキングの基本姿勢

  • お腹を少しへこます
  • 少しだけ胸を張る
  • アゴを軽く引く
  • カカトから着地

 icon-check-square-o 歩くときは、なるべるヒザを曲げないようにします。

骨盤のすぐ上から足が出ているイメージで歩くとよいです。

ガンダムの「ビグザム」のような感じですね(知らない人はすみません)



カカトから着地して、足の親指で地面を蹴るイメージです。

腕の「振り」は意識しすぎず、軽く曲げた状態でOKです。

いつもこの姿勢を意識することが、とても大切です。



ウォーキングを正しい姿勢で行うことで、腹筋・腹斜筋・大臀筋などの、

腰痛予防に効果的な筋肉を無理なく鍛えることができます。


ウォーキングの強度



 icon-check-square-o ウォーキングは、どのくらいやれば効果的なのか?

よく1日1万歩というような話を聞いたことがありますが、そんなに必要ありません。


まずは6000歩から


 icon-arrow-circle-o-down ウォーキングの強度の目安

  • まずは1日6000歩を目指しましょう
  • 歩くペースは…心拍数は120拍程度
  • 毎日行わないこと
  • ウォーキング後のストレッチ
目標心拍数は(220-年齢)× 0.6 です。40歳なら 108 になります


歩幅には個人差があると思いますが、6000歩の距離は約2kmほどになります。

時間にして30分ですから、15分×2セットというように途中休憩を入れましょう。

朝方に15分×1、夕方に15分×1というように分割してもよいですね。



 icon-warning 毎日行うとオーバーワークになりますので、最低でも週2回は完全オフにしましょう。

やっぱりウォーキングといえども、筋肉の回復期間は必要です。



もちろんウォーキングであっても水分補給は大切です。

ウォーキングをする前後と、途中の水分補給はマメに行いましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 【仰向け・うつ伏せ・横向き】腰痛を防止する寝方はどれ?


まとめ:やりすぎは故障のもと



「正しいフォームで楽しく」がウォーキングのコツです。

義務感で毎日するのは故障のものです、週に2回は完全休養です。



それとウォーキングに適したシューズは必須ですよ(^_-)-☆

ジョギングも視野にいれているようなら、

最初からジョギングシューズを買ってしまってもよいかもです。


 icon-arrow-circle-o-right 【水中ウォーキング】腰痛に効果的な歩き方と泳ぎ方

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » わたしの健康ノート

関連コンテンツ

ピックアップ!

風邪対策

気になる女性の病気

だるい病気

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

わたしの健康ノート TOP » 医療と健康 » 【腰痛改善】ウォーキングで腰痛を悪化せないコツ・歩き方 | わたしの健康ノート